カテゴリー
説明

店舗詳細情報

エリア
(City)
ハンブルク レストラン
住所
(Address)
Am Kaiserkai 46, ハンブルク ドイツ
ホームページ
(Website)
http://gandhi-bridge-kitchen.eatbu.com/?lang=de
電話
(Telephone)
+49 40 30069666
キーワード
(Keywords)
予約,

ユーザーからの口コミ

ハンブルクのインド料理店を探して、ハンブルクの「ハーフェンシティ」にあるガンジー橋を選ぶことにしました。ホームページの素敵なデザインと居心地の良い場所の写真は、私たちが正しい決断をしたと思います。テーブルの予約はうまく機能し、複雑ではありませんでした。
私たちが到着した後、その場所はほとんど完全に空だったので、私たちは皆イライラしていました。 6人のテーブルを除いて、他のゲストはいませんでした。しかし、このレストランにチャンスを与えることにしました。フレンドリーで親切なスタッフが予約テーブルに私たちを導いた。
メニューには、伝統的なインド料理がたくさんあります-そしてピザ!メニューを深く掘り下げると、インドのキッチンで使用されている多くのスパイスについて、私たちの口が考え始めます。手始めに、オリーブオイルとコリアンダーを添えた腐植のプレートを注文し、私たち全員がマンゴーラッシーを注文しました。
メインコースとして、私たちはバターチキン、ナスとラム肉料理、ほうれん草とベジタリアン料理を注文しました。すべての料理に小さなサラダが含まれていました。
マンゴーラッシーと腐植プレートが最初に出されました。どちらも良さそうに見えましたが、それでほとんどすべてでした。マンゴーラッシーは、ヨーグルトの代わりにマンゴー(もちろん)とクリームでできていました。腐植は自作ではなく、あまり味がしませんでした。また、オリーブオイルは安いものでした。マンゴーラッシーで4ユーロ、フムスで9ユーロ、両方とも価格に見合う価値はありませんでした!
しばらくしてサラダが注文されました。それについて言うことはあまりありません。ドレッシングなしで、ほんの少しのバルサミコクリームを使ったサラダ-タスクは失敗しました!
だから私たちはすべての希望をメインディッシュに入れました。あまりにも多くの話をすることなく、私たちは再び失望しました。
ほうれん草の皿には香辛料は入っていませんでしたが、オイルとクリームがたくさんありました。 egg子の皿も、オイルをたっぷり使って非常にスパイスがかからなかった。ラム串は、メインコースよりもスターターのサイズが大きかった。さらに、それは非常に困難でした。
最大の失望はバターチキンでした。ウコン、ニンニク、ジンジャー、セイボリー、カルダモン、そしてもちろんガラムマサラのような様々なインドのスパイスを代表する料理。 「ガラムマサラなしではバターチキンは食べられない」と有名なシェフが言った。本当だ!
切断されたバターチキンは完全な悪夢でした! !クリームたっぷりのピュアなトメイト。それでおしまい。塩すら使われていません。 Un-f * ck * ng-信じられます。
 食べ物の5ポイントのうち1ポイント
 サービスの5ポイントのうち3ポイント

注意
※サイトに記載されている情報は、記載時の情報になっているので必ず公式サイトで情報をご確認くださいませ。

場所

Am Kaiserkai 46, ハンブルク ドイツ

広告

mood_bad
  • まだコメント💬はありません
  • Add a review